動物は人に、人は動物に生まれ変わるの?

HELLO, ぴんくだよん☆

今日は暑かったよー、冷凍マンゴーおいしかったー!!

えーっと今日も動物さんが旅立った後のお話デス。

「動物は人に生まれ変わるの?」

そんな質問を空に投げてみました・・・。

・・・・・・

人の学びと共に地球や人の魂レベルも上がっていて、
前までは人と動物、草花、鉱物の間を行き来して生まれ変わったみたいだけど、
今は基本的に動物さんは生まれ変わってもまた、
動物に生まれるそうです。

ただ前回も書いたけど、
動物さんの魂の一部分が人の生命を成形するときに取りこまれて、
人の一部として生まれ変わることはあるみたい。
これを無限に近いほど繰り返し、
動物の魂がいつか人に生まれ変わると言うことはあるそうな。

動物たちのスピリチュアルの世界にも様々な役目があって、
生きること、息をする事、その場所にただいること、天に召されることで
地球や宇宙の流れの調節に協力したりもしてるのね。

例えば生き物の大量発生とかも、
地球のどこかで起きている環境汚染や
人の感情のエネルギーの浄化のために起きていたり。

彼らのしっぽひとつの動きにも絶妙なタイミングがあるの。
MOTHER EARTHの一部として生きてる証拠なんだよね。

そんな彼らの中で一番素敵な任務と言うか役割は
人に仕えること。

仕えるって言うとなんだか奉仕みたいな
押さえつけられた印象を受けるかもしれないけど、
利他愛をまっとうすることこそ最高の学びだからね、人も動物も。

それに彼らはいつだって人間大好き!

だから動物にとって自分の魂が
人に生まれ変わるのは夢のようなことだけど、
それよりも人のサポーターとして生まれること、
また神さまからその任務を受けることを
すごくうれしく思ってるので、
やはり生まれ変わっても動物にって誓うみたい。

ええ話や―、ええ話やー

それとは逆に

人間が動物に生まれ変わることは?

これも同じようにごくまれにほんの一部分だけ。
または一定期間(1回など回数かも)
動物に生まれ変わることがあるそうです。

例えば生前他の人や命に対して
「畜生(動物)は雑に扱えばいい」
って他の人に接してた人は
自分のイメージしていた動物になって、
自分のイメージしていた通りの待遇を人から受けることで、
自分の言葉を体験し、カルマを精算し、
また自分と同じような考えを持つ人たちが
自分のテーマに気付く経験をサポートしたりするみたい。

これは神さまが罰として
動物に生まれ変わらせてるのではなく、
あくまでも本人の言葉や嗜好の通り、
それすなわち魂の選択で、
自分の未成長の部分だけをこうして
動物として生きて経験しながら鍛錬することはあるみたいです。

でもこれはほんとにごくごーーーくまれなケースらしいよん。

書かなくてもよかったんじゃない?ってくらい。

で、動物が好きな人の中には

「自分は前世、猫だったと思うの!」
って言う人もいるけど、
残念ながらそんなことはなくて。
(何度も前の前世や魂の一部とかはあると思うけど
そいそうに自覚はないらしいよ)

ただやっぱり前世でも
動物と縁のある暮らしをしてたのは
間違いないみたいだね。

あ、そうそう前世のペットと出会うことはね、
生まれ変わりを繰り返していると結構あるみたい。
その時はほんと「特別」ってテレパシーでわかるらしいよん。

あと前世からの動物の繋がりと言えば、
動物に関わる仕事や動物愛護活動をしていたり、
何かしら動物の悲しいニュースに敏感だったり弱い人は
自身の前世のどこかで人として生まれた時に、
貧しい暮らしや虐げられた経験があって
その部分と動物の苦しい姿が共鳴することが多いんだって。

だから動物を守ろうと必死になって爆走したり、
動物を苦しめる人にオーバーリアクションしちゃう人もいるみたい。

動物愛護精神って言うのは愛の別名だから
元来、他の人を批判したり否定したり、
また怒りをそのままぶつけるような行動をするような
気持ちのあり方の動詞じゃあないんだよね。

そのことに気付くため、
経験を通じて人が前世のわだかまりを解消するために
いろいろな動物問題が起こって人の機会を与えてるのも真実だから、
動物の事で感傷的になりやすい時は、
自分が前世から抱えるトラウマや思考パターンを浄化することが先決。

人が自分のトラウマ、カルマを浄化してしまえば、
きっかけになる動物問題そのものは自然と消えちゃう。
動物問題の解決につながるってこと!

動物と人の心、魂って思うより密だから、
人がまず気持よく楽しく、そして自分自身や憎む対象も許すことが
動物さんにとっても一番嬉しいことなんだと思うんだ。

ちなみに誰だって自分の過去の、
ましてや前世のカルマなんて覚えてない。
そんなカルマを浄化するにはどうしたらいいか。

それはとっても簡単。

心の中で

「神さま、私のカルマやわだかまりを浄化し、
愛が詰まることなく流れますように。
神さまの御心が私を通じて表現されますように」

って祈るだけ.

ちょっと宗教っぽい言葉になっちゃったから、
自分が受け入れやすいようにアレンジして。
自分の体、心、魂すべてのレベルで自然の流れに逆らわないで、愛を流す。
動物がしているように。ねっ。

少しづつだけど、
何かが変わると思うよ、きっとね。

ネタがないので動物とヒトの前世のお話はまたいつかしまーす。

じゃあ、またね。

ぴんくでした!!