「病気」と「冷え」の関係

私たちを襲う病気。その症状は風邪やガンまで様々ですが、「病気」はすべて「冷え」を原因にした結果に過ぎません。「病気」と聞くと逃げたくなるけど、病気と言うのは『体が冷えてますよ』と言うサインだったり、発熱や下痢と言った現象で「水毒」(前出)をプッシュアウトしている解毒作用の現れなんです。
これは「自然治癒力」がちゃんと働いている証拠なので、自然治癒力がちゃんと働くように「冷え」を取る努力をしたり、休息を取って自然治癒力をサポートしてあげてください。

「本当は恐ろしい薬の服用」

西洋医学では「冷え」を取ると言う考え方がありません。意外と薬や負荷の多い治療で一時的に症状を抑えることが体にとっては負担になっていたり、自然治癒力の働きを抑えてしまったりしているのです。その場しのぎで症状を沈静させ続けていると、本当の原因になっている毒は体に貯金され続けてしまうのです。

見た目の症状(発熱、下痢、嘔吐、出血、痛み、炎症、凝り)が激しいと、慌てて薬を飲んでしまいがちですが、すべては自然治癒力のなせる業。表面的に起こることは苦痛を伴うかも知れません。けれど必ず起こることには理由があるんです。

薬か休息かどんなに不健康な人にも数パーセントの自然治癒力が残っています。忙しさや便利にとらわれず、痛みを深く探り、症状ではなくその根本原因(不摂生や「冷え」を溜め込む生活など)を改善してください。

とは言え現代の生活では『自然治癒力が働いてるので会社休みます』なんて無理! 『おまえが働け! 』と言われてトーゼンです。今の時代に生まれた事にも意味があります。ですので東洋医学だけor西洋医学だけでなく、この二つの医学や思想の良いところを現代風にMIXして毎日の生活に取り込めたら良いのではと思います。例えば、症状を“西洋医学的な医薬品やリハビリ”で抑えながら、病気の根本原因を“東洋医学的な治療や生活習慣”で矯正していけば、体にも心にも優しいですよね。“陰陽説”で例えると東洋医学と西洋医学は切っても切れない夫婦(めおと)の関係。ふたつを切り離して現代を生きるほうが不自然なんじゃないでしょうか?

そんな訳で日常的に気軽に出来る「冷え」改善法をいくつか紹介したいと思います。お金のかかる西洋医学と比べて日常的な予防医学はほとんどお金がかかりません。しかも副作用がないんですよ!!!ダメモトでもいいのでぜひぜひお試しください。

7)簡単「冷え」取り健康法